--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.31

神戸 県公館

Category: 風景 神戸
神戸県庁1
兵庫県 公館の裏側です。
相楽園には この 交差点をわたるとすぐsです

神戸の北野のしゅうへんは 観光客で にぎわいますが
このあたりはスケッチちには最適です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
10.30

兵庫 県公館

Category: 風景 神戸
明治時代に兵庫県庁舎として建てられたルネッサンス様式の建物は
現在 迎賓館として保存されている。

神戸県庁2
周辺は相楽園 栄光教会など スケッチポイントが沢山あります

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.29

奈良 高畑 雑貨屋さん

Category: 風景 奈良
奈良 飛び火野の林を抜けると 高畑に出ます
近くには 新薬師寺 白豪寺があります

奈良 高畑 雑貨屋

とっても可愛い品揃え

砥部焼きの酒器と烏瓜を買い求めました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

Comment:0  Trackback:0
2013
10.28

中ノ島 図書館 廃止の方向へ

Category: 風景 大阪
大阪市役所と 中ノ島公会堂のあいだに 図書館がある。

橋下市長が この図書館の 廃止を進めている
中ノ島図書館
今の所廃止にするが取り壊しはしない
商業施設にしたいとか。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

Comment:2  Trackback:0
2013
10.27

富田林 寺内町 杉山家

Category: 風景
富田林 寺内町は
白壁 板塀 木格子 虫篭窓 煙だし腰屋根など
江戸時代から昭和の始めの建築物が現代も
ほぼそのまま残っている。


富田林 寺内町

その中でも
杉本家は 江戸時代には 造り酒屋として繁栄した寺内町1番の
建物です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.26

奈良 春日大社 若宮神社

Category: 風景 奈良
春日大社から御間道(おあいみち)を通おって古い石灯篭の
間を抜けると やがて1135年創建の若宮神社に着きます

春日大社 若宮

宮前の大楠は 周囲11.5メートルの巨樹で 奈良県下1~2を争います

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.25

突然 リヤカー

Category: 風景
リヤカー

農家の倉庫の隅に置かれた リヤカー。
なんか 気になって描いたけれど なんと書いたら良いのか

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.24

大沼公園 ボートハウス

Category: 風景
C大沼
南北海道の 大沼公園は 駒ヶ岳を借景に素晴らしい公園です。

C大沼2
観光船 モーターボート 手漕ぎボート ペダルボートも 今月をもって 店じまい。
湖が 凍結します

大沼ボートハウス



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.23

格安 北海道旅行 関空

Category: 人物
今回の旅行は 関空発 集合時間がAM7時半

5時50分発の関空行きの始発バス荷飛び乗った
格安旅行の特徴は 利用者の少ない時間帯の飛行機
関空

持ち物検査も無事終わって 待合ロビーで 早速スケッチ
まだ皆さん 眠そう
北海道 ガイド
こちらは4日間 お世話になったガイドさん
言葉使いが丁寧で 細かくガイドしてくれた
この時期は寒さ対策で しっかり 栄養を ためて居るとの事でした

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.22

北海道 格安旅行 大雪山

Category: 風景
旅行前日の16日に 台風24号が 襲来

その台風に 乗って 寒波も襲来
富良野などに大雪をもたらした。

例年は 落ち葉のあと 雪がふるので 樹木も 耐えられるのですが
こんかいは 落ち葉どころか 紅葉もすまないうちに 大雪が降ったので
樹木が 雪の重さに耐えられずに 折れたり 倒れたり。

C大雪山1

例年より1ヶ月早い 大雪山の 積雪
そのおかげで 始まったばかりの 紅葉と 雪山を 見ることが出来た

大雪山
格安旅行につき物の お土産屋さん絵の立ち寄り
買い物せずに バス駐車場からの 一枚

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.21

北海道 格安旅行 昭和新山

Category: 風景
格安旅行は盛り沢山
一箇所 30分の 見学の連続
その合間に スケッチ 

今回の昭新山のスケッチ
他の人は 熊牧場見学 私は参加せずに その間にスケッチ
昭和新山

突然 麦畑が隆起して 山になった。
赤レンガ色の山

なんとこの山 個人の所有物
 熊牧場見学の 30分の間に いろまで 塗ることができた。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.20

格安 北海道旅行 駒ヶ岳

Category: 風景
17日から20日まで 北海道 道南 格安旅行に行ってきました。
通常 大阪 関空から 北海道千歳まで 片道 47000円です。
それが 3泊4日で 宿泊 観光 朝 夕食込みで お釣りが来る 

一日目は 千歳空港から 大沼公園 で 大沼プリンスホテル 宿泊
その前に 函館山から 夜景 見学

台風24号の直後 空気が澄んでの 夜景は最高でした。

翌朝 5時起床 朝食6時30分 までの大急ぎスケッチ

駒ヶ岳
ホテル敷地内から 駒ヶ岳の見える ポイントが見つからず 走りまわった。
格安ツアーでなければ 部屋から見えるかも。
でも 格安ツアーの部屋は 反対側

前日台風24号とともに 大寒波 10月に 大雪 
駒ヶ岳も雪化粧

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


Comment:2  Trackback:0
2013
10.16

車内 落書き

Category: 人物
人物描写が 全く かけないので 車内で 盗み描きスケッチ

寝ている人 大歓迎
車内

次に遠くの人や新聞や本を読んでいる人
車内3

車内2

明日から 北海道へ家族旅行なんです。
格安旅行は スケッチ時間もありません。
ではまた月曜日

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.16

ホルベイン エンジョイペインチングスケッチ会

Category: お知らせ
ホルベイングループが 春と秋にスケッチ会を開催している。

今回は 
11月 2日 服部緑地公園
11月10日 平城宮跡周辺
11月30日 滋賀 近江八幡周辺
(詳しくは ホルベイン ホームページを見てください)

参加無料のこのスケッチ会は講師が毎回 2ー3人来られ丁重に指導していただける。
最終には講評もしっかりしていただける。
優秀者には 水平イーゼルがいただける。
最後に抽選で ハーフパンセット スケッチブック その他沢山の商品がいただける

素晴らしいスケッチ会の紹介です。

奈良博物館 

上の絵は昨年の秋にホルベインの スケッチ会に参加した時に描いた。
その日は皇太子様が奈良ホテルにこられるので 厳重な警備だった。

奈良公園もかなり紅葉が進んでいて 描くポイントが いっぱい。
充実の一日だったのを思い出しました

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.15

ご存知ですか?? 小浜宿 毫摂寺

Category: 風景
平安時代は 南は瀬戸内海が入り組んでいたとか。
それで「小浜(こはま)」の地名が残っている。
南と西は10メートルの高台になっている

その地形から一向宗の寺内町になった。

荒木村重が伊丹 有岡城に立てこもった際 織田信長に 協力したので
他の一向宗のように ほろぼされなっかた。

小浜 御坊

豊臣秀次が毫摂寺の娘を側室にしたために 秀次失脚の折 焼き討ちにあった。

その後 江戸時代には 京伏見街道 西宮街道 有馬街道の交じわるの要所として 復興していく

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.14

ご存知ですか??   小浜宿(こはまじゅく)

Category: 風景
有馬街道と西宮街道とが交わるところに「小浜宿」がありました。

15世紀末には一向宗 寺内町 として大いに栄えた

井原西鶴の「日本永代蔵」に 小浜流酒造が出てくる。
灘五郷の前に「名水玉の井戸」の水を使用した酒造が発達した。
現在も『玉の井戸」は残っている。

その後 灘五郷に押されて衰退していった

小浜 菊仁

小浜小学校に 6年間通学した。半世紀以上も前。
当時は 馬小屋のの跡や旅籠の後が残っていた。

秀吉も有馬温泉に行くのに 何度か宿泊したらしい 。
三方が 大堀川に囲まれ 残る東にため池を作ったこの地は 守りやすい地であった。

現在は資料館で 偲ぶことが出来る。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.13

秘境 竜神温泉 川原から

Category: 風景
高野山から竜神温泉まで かつては通行料2090円のスカイラインだったが現在は無料になっている。
樹木の間から見えかくれする山並みの 重なりが美しい。

竜神温泉は
島根県の湯の川温泉
群馬県の川中温泉
との 日本3大「美人の湯」で知られている
竜神温泉 川原から

13時から16時までスケッチして再び高野山を通り抜けて 帰阪したのが20時。
帰路 夕食予定の道の駅も しまっていた。

コレだけ 走ったバス代が 3100円。『安い』

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.12

秘境 竜神温泉

Category: 風景
大阪からバスで2時間半
空海が開いた真言密教の聖地「高野山」
海抜1000メートルの地に壇上伽藍 始め117もの お寺が並ぶ。

今回の目的地はさらに44キロ 山奥に進むこと1時間半

高野龍神国定公園の竜神温泉に13時到着。
4時間の行程。

竜神温泉 橋から

バス駐車場から竜神温泉旅館街に行くには 日高川に掛かる橋を渡る必要がある。
その橋の上からの スケッチ。

橋から旅館の露天風呂が丸見え。
若い女性がタオルをつけて 出てきた。
あちらも こちらもびっくり。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


Comment:2  Trackback:0
2013
10.11

パイナップル

Category: 静物
コピー ~ 静物 パイナップル

静物は 公民館のサークルで一月に一枚しか描かないので
あまり 登場の 機会が無いかな

パイナップルは 他の果物とは 季節がちがうかな?

今は年中 あるにで いいかな

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.10

宝塚 ガーデンフィールズ 作品展開催 最終

Category: お知らせ
ガーデンズには 色々なエリアが有ります

「秘密の花園」 「テンプルと水辺」 「泉と牧草」全部で12

そして「教会の遺跡」
教会といっても建物は無くて 石の塀に アーチの窓

宝塚ガーデン2 

この窓からの風景が四季により 移り変わります。

木工薔薇の咲くころは 黄色くなり
今からは 紅葉で赤くなり
 そして 枯れ葉の色に

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.09

宝塚 ガーデンフィールズ 作品展開催 3

Category: お知らせ
ガーデンズ テラス
ガーデンのこのテラスも何度 お世話になったかな?
周辺の 草花の表情がかわるので 何度描いても同じにならない。

作品展も 桜のはなと このテラスをえがきました。

テラスの左手は池で 睡蓮が うかんでいます。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.08

宝塚 ガーデンフィールズ 作品展開催 2

Category: お知らせ
我が家から 自転車で15分の 近さなのに それまで ガーデンズに入ったことが無い。

入り口手前の 花屋さんや 雑貨屋さんには いくのですが。
ネックは 入園料600円かな

昨年9月から 花の無い1月2月を除いた毎月 すけっち講座がひらかれ
初めて ガーデンズに足をふみいれた。

ガーデンズ 池


「英国風ナチュラル庭園」
芽を吹いて 成長して やがて 枯れて 朽ちる。
すべて自然に任せている。
年数がたつに従い それぞれの 草木が馴染んでくる。

だが今年の12月21日で 閉園になる 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村


Comment:2  Trackback:0
2013
10.07

宝塚 ガーデンフィールズ 作品展開催

Category: お知らせ
昨年9月から10回に渡り
『ガーデンズを描こう 井上正三 スケッチセミナー」が開講されたので
参加させていただきました。

四季折々の花をまじえてのスケッチは 毎回楽しく受講しました。
同じ場所を10回も描くの?と最初は 不安でしたが
始まってみると 毎月 花が変わるので 新鮮な気持ちで かけました。

毎回スケッチの最後の井上先生の 講評も 楽しくて 充実の一年でした。

その『水彩画作品展』が本日からガーデンズにおいて開催されます。

10月7日から14日まで
場所は ガーデンフィールズ内

ガーデンズ 温室

作品展搬入の日に上の温室の絵を描きました。


この作品展に「来てください」とお願いできません。
ガーデンズへの入場料が600円 必要ですから

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2013
10.06

鶴見緑地 スケッチ会 最終会

Category: 風景
花博の跡地の国際庭園には 世界の庭園が 「55」もあるらしい。
なんとなくそのお国の 雰囲気が残っているのが おもしろい。

今回はその中から 「ネパール」
仏教の国の雰囲気がよく 残っている
鶴見緑地 ネパール館

仏舎利塔の小型か 丁寧な彫刻がほどこされている。
とても博覧会のための物とは思えない。

今回の鶴見緑地スケッチ会も 素敵なメンバーと快適な空間によって楽しく終わりました。
かつみさん 参加の皆様 ありがとうございました。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.05

鶴見緑地 スケッチ会 2

Category: 風景
鶴見緑地スケッチ会は9月29日 日曜日におこなわれた。

この日も30度を越える 暑さ。
ところが 池の近くの林の中は 爽やかな風が吹き抜ける。
多くの人は ここからの 風景を描いていた。
昨日アップの絵もこの林から描いた
 鶴見緑地 スペイン館

今日の絵は 花博のスペイン館の跡地で描いた。
最初は日陰だったが 正午に近づくにしたがい 影がなくなってきた。
大急ぎでF6を 1時間でしあげた。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.04

鶴見緑地 スケッチ会

Category: 風景
水彩くらぶのブログで「鶴見緑地でスケッチしませんか」と 募集していたので 参加しました。

総勢13人。

 舞子や伏見 岸和田からも 参加されていました。

鶴見緑地 池

舞子からの男性が素敵な絵を描かれていたので 同じような構図で 描かせていただきました。

もちろん 仕上がりは遠く及びません。

3時から皆さんの作品を並べて 見せていただきました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.03

大和の国 当麻寺 対の塔

Category: 風景 奈良
奈良大和の 二上山の 東に位置する当麻寺は
 一対の 3重の塔でもしられている。
寺の東と北に建つ二つの塔を一度に 見るには山の上か 田畑にでるか

C万儒者下


段々畑の中腹まで来ると2つの塔は見えるが 絵にするのは難しい。
古い當麻の町並みが一望できる。
まもなく彼岸花も終わり 赤とんぼが 舞い始める

当麻寺 
 当麻寺のすぐ近くに「文晃堂」と言う 画材 文具 アトリエ 喫茶をしているお店がある
そこを覗いてみると陶芸の個展をしていた。
「陶房ゆう」添田優子さんの作品展で藍色で野草を描いている

C当麻寺 ぐい呑い
ぐい呑みを買い求め 冷酒を楽しみながら今日の絵のしあげ。

私の至福の時間

文晃堂で「中将餅」と日本茶を戴いて 帰路に着いた


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.02

大和の国 当麻寺 曼荼羅堂

Category: 風景 奈良
近鉄 阿倍野駅から約く30分
 当麻寺駅から 参道が北に向って伸びている。
古い門前町を通り過ぎると「東大門」にでる。

多くのお寺は南からはいるので「南大門」
当麻寺は東からはいるので 「東大門」になっている。

その門のすぐ前に 釜飯屋がある。
当麻寺 釜飯
炊き上がるまで30分掛かるので 参拝前に注文しておき 帰りに戴く

東大門をくぐると 白鳳 天平時代の 大伽藍が 広がる

当麻寺 本堂

正面が本堂ですが中将姫が織った曼荼羅が本尊のため曼荼羅堂といわれている。

古代大和が そのまま残っている不思議な寺です。

宜しかったら黄色いところクリックおねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2013
10.01

忍び寄る 秋    

Category: 風景
9月も終わりと言うのにこの日は30度を越えるあつさ。

能勢電妙見口から少しあるけば 棚田が見えてくる。
黄金色の稲穂が 風になびく

早い所は稲刈りを済ませてほしている。
この里山は あきなんだ。

能勢 黒川棚田
涼風のとおる 木陰からスケッチ開始


宜しかったら黄色いところクリックお願いします

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。