FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
06.30

屋外スケッチのよていがーー

Category: 静物
蛍池での 第4土曜日は 屋外スケッチの日

楽しみにしていたら 雨模様のため 急遽 当日の朝 教室でのスケッチに変更になった

急遽変更になったにしては 皆さん 沢山 モチーフを持ってこられた

   カサブランカ

朝変更になったのに カサブランカを持ってこられた

常に家で 描かれているのかな

     六月 静物 桃

果物は 私の持参した 模型 造花

急遽の場合 模型は便利だ

よろしかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
  にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
06.29

大徳寺~仏教大学~銀閣寺~八坂神社

Category: 風景 京都
月2回行っている蛍池公民館の主催で 京都に行ってきた

「人権ゆかりの地を訪ねて」IN 京都」

大徳寺~銀閣寺~八坂神社 仏教大学の学食で 昼食

これだけの 内容で 無料!!
合間にスケッチできそうかな

     大徳寺
他の皆さまは大徳寺 高桐院の庭園を各自負担の400円を払って見に行かれた

私は入り口で 分かれてスケッチ開始

下書きが終わり 着色しようとしたら 皆さまが出てこられた

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
         <にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2014
06.28

菅浦 やっと 着色

Category: 風景
菅浦への バススケッチ は 6月9日だった

現地で 着色したのは2枚だけ 後は 帰ってかからの 着色

初めて行く所は 出来るだけ 歩き回って スケッチだけして 着色は後ほどになってしまう

     菅浦 倉庫
 
現地だとそのままの色になるが 帰宅後だと 色々 楽しめる

菅浦は是非 今一度 行って見たいが かつて陸の孤島 と言われていた所

簡単には行けない --な

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
   にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
2014
06.27

長岡天満宮から西国街道を通って勝竜寺城へ 後半

Category: 風景
長岡天満宮から 阪急の線路を越えて東に進むとJR長岡京に着きます

そのひとつ手前の通りが西国街道で 所どころに 格子戸など 古い街並みが残っています

神足ふれあい町屋を過ぎJRの高架を潜ると勝竜寺城が見えてきます

     勝竜寺城 外観
1339年に細川頼春が築城した 。後に細川藤考に 明智光秀の娘「玉-後の細川ガラシャ」が嫁ぎ
歴史上に 名前が残った

後に光秀が 秀吉に敗れた時 娘を頼り 勝竜寺城に逃げ込んだ。

     勝竜寺城 紫陽花

勝竜寺城から程近く 恵解山 勝龍寺がある

本尊は鎌倉時代の11面観音像 二天立像の文化財があります

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
     にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2014
06.26

中ノ島公会堂の対岸

Category: 風景 大阪
中ノ島中央公会堂から 鉾流橋を渡ると ウッドデッキで整備された広場が出来ている

そのスペースに イタリアンレストランや カフェ が 出来ている

レストラン「sumire OSAKA」
人々の笑顔「SMILE(スマイル)」を願い 「SUMILEスミレ」

川風に吹かれながらの お茶は 若い女性に人気のようだ

     中ノ島 レストラン
 屋上には 教会もあり 結婚式も出来るようだ

高速道路の下なので 
雨にも負けず 夏の暑さにも負けず 川風が気持ちよい

公会堂 水晶橋 などのスケッチには最適だ

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
06.25

中ノ島公会堂

Category: 風景 大阪
土佐堀川と堂島川に挟まれた中ノ島

この日は 土佐堀川沿いの みおつくしプロムナードで イベントをしているので大変な人出

反対側の堂島川沿いには 人がいない

更に鉾流橋を渡って 阪神高速の下に行くと 全く人がいない

昨年から今年の春にかけて 工事をしていた。
現在は ウッドデッキが出来て ベンチもあり 高速道路の下なので 雨や日差しの心配が無い

     対岸から中ノ島
この日は 友人が ロイヤルホテルでグループ展をしていた

ホテルの周辺で スケッチポイントを探したが 見つからず 淀屋橋まで 歩いてしまった

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
06.24

あいあいパーク

Category: 風景
あいあいパークは 山本植木組合によって運営されています

春 秋の年2回 公園で 植木市が行われ 周辺の植木屋さんや 植物園 盆栽店が出店します

パーク内では 造園のサンプルもあります

今は 紫陽花フェアーをしています。

見たことも無い 紫陽花  コレも紫陽花?ガ並んでいます

     あいあいパーク

国道176号線を渡ると 芝生広場やミニガーデンが有ります

     Xあパー済クX
園内にある100円パンを買って 芝生の木陰に 寝転がっての スケッチも 良いかもーー

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
06.23

神戸 栄光教会

Category: 風景 神戸
栄光教会の会堂は永く 「赤いレンガの教会」として 親しまれていましたが

1995年の阪神大震災によって全壊しました

2004年に 再建された現在の会堂も 昔ながらの 手積みレンガで 以前の姿に
近付くように 施行されました

     栄光教会 正面

 鐘楼の最上部には釣鐘が設置してあり 礼拝や祝祭時には 趣のある音色を
神戸の街に 響かせています

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
06.22

琵琶湖 最奥 菅浦集落

Category: 風景
一種独特な雰囲気をかもし出す湖北

その奥琵琶湖に突き出した半島の最奥地に時間を超越したような菅浦集落があります

昭和46年まで 交通機関は 舟のみでした

今では 奥琵琶湖パークウエーが 通いましたが 冬 雪が積もると閉鎖になります

湖岸沿いの道のみになります

JR木の本駅から 2時間に1本のバスで行くことが出来ます

     菅浦 バス停から

このバス停からの風景 です

村落の端から端まで徒歩 20分くらいに 約100件

村落の中央に浅井長政ゆかりの 神社があります

         菅浦 神社
別に 「須賀神社」があり 土足厳禁で 途中から スリッパに履き替え 参拝します

宜しかったら「にほんブログ村クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       

Comment:0  Trackback:0
2014
06.21

長岡天満宮

Category: 風景 京都
今回のスケッチコースは 長岡天満宮から 西国街道を通り
勝竜寺城を巡る

阪急長岡天神駅下車 徒歩10分で天満宮に到着

長岡京の地にあります。長岡京は748年から10年間 桓武天皇が平城京から都を移し
この地に都を造成しました。

長岡天満宮の地は菅原道真の所領であったが 大宰府に左遷され 死後 この地に天満宮が作られた

     長岡天神
天満宮の後ろに広大な森があり「長岡公園」として 利用されている

テニスコート ゲートボール グランドゴルフなどで 多くの人が 楽しんでいる

天満宮の手前は外周1キロの八条池がある

その中に 「錦水亭」と言う料亭が 水に浮かんでいる

      長岡天神 錦水亭

筍のシーズンには 多くのひとでにぎわいます

その他のシーズンなら ランチは3000円から 夜は10000円から会席料理が楽しめます

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:1  Trackback:0
2014
06.20

長居公園 紫陽花園

Category: 風景 大阪
サークル「くりえいと」の先輩が 新金岡で グループ展をしているので 見せていただいた

せっかく 新金岡まで来たので 3駅手前の長居公園の植物園に行ってみた

池を中心にした緑の深い公園だ

     長居公園 紫陽花園

この公園でも「くりえいと」のメンバーのグループ展をしていた

この後 やはり「くりえいと」のメンバーの個展を南森町まで見に行く予定なので じっくり スケッチポイントを探せなかった

入場料を取る公園にしては 樹木が 自然のままだ

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村     


Comment:0  Trackback:0
2014
06.19

同志社 今出川校 彰栄館

Category: 風景 京都
1884年(明治17年)竣工の 彰栄館

京都市内で 現存するレンガ造りでは 最古の建築物
アメリカンボードから7500ドルの寄付で建築
設計は教員の宣教師 DCグリーン
建築は大工棟梁 尾瀬菊太郎

    同志社彰栄館

外観は アメリカン ゴシック調ですが 内装は純和風になっています
国の重要文化財になっています

宜しければ「にほんブログ村」クリックお願いします
       にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
       にほんブログ村     
Comment:0  Trackback:0
2014
06.18

岸和田城

Category: 風景
サークル「くりえいと」から 岸和田城に行ってきました

南海本線 岸和田駅 下車徒歩10分

楠木正成が甥の 和田高家を 派遣して城を築かせた

当時「岸」と呼ばれていた当地に 和田氏が城を築いたので
「岸の和田」と 呼ばれ 「岸和田」に変化したといわれている

     岸和田城 塀

この日の予報降雨率は 40-60%で 到着したら ポツリ ポツリ

大手門の直ぐ前に 休憩所があったので そこから描かせていただいた
イタリアンのレストランも あるので 美味しい香りが~~

この1枚を書き上げた頃 スッカリ晴れ渡り 日陰を探し スケッチポイントもさがして

     岸和田城 石垣

かつては 城の裏口と思われる 石段
当時のままの様だ

岸和田高校の直ぐ前の桜の木の 木陰に 座っての 2枚目

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
Comment:4  Trackback:0
2014
06.17

山本 あいあいパーク

Category: 風景
阪急 山本駅下車 徒歩 5分

「あいあいパーク」と言う施設が 平成12年にオープンした

イギリスの地方都市 「サリー」の 17世紀のたたずまいを再現したたてもので
なかには
グリーンショップ ガーデングッズ カフェ 雑貨屋さん カルチャー教室 100円パン屋さん等が入っています
    
    あいあいパーク 遠景
 
 国道を渡ると 芝生広場や ミニ英国庭園 ミニ日本庭園があります

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
06.16

花と籠

Category:
月2回の教室 1回目は静物 2回目は 屋外スケッチ

今回の静物は「花と籠」がテーマ

モチーフ当番の人が 色々 持参する

 ひまわり   蛍ひまわり 
紫陽花            蛍 紫陽花
カンパチュラ         カンパニォラ


宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
Comment:0  Trackback:0
2014
06.15

大原 散策

Category: 風景 京都
大原の里を散策

終点から2つ手前のバス停で下車

駅前には土井の柴漬けの 大きな工場 店舗 住居がある

ここから 高野川に沿って 散策していく

この時期には 柴漬け用の 紫蘇(しそ)の葉が 20センチくらいに 伸びている


     大原水田
  前回 大原を訪れたのは 桜の真盛りのときでした

  お花見のハイキングの人 スケッチのグループ などで にぎわっていましたが
  この時期は ちらほらです。
  暑いほどの陽気です

高野川から 草生川に変わり左に折れると 寂光院に向います
この辺りを 乙が森 といいます


     
     大原 石橋
 このあたりから 田園風景から 山里の風景に変わっていきます

振り返ると大原の 田園風景を 見下ろせます


宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
Comment:0  Trackback:0
2014
06.14

陸の孤島 菅浦

Category: 風景
奥琵琶湖 西浅井の「菅浦」に行ってきました

昭和46年まで 陸路が無かったので 集落にいくには船に頼るしか なっかので 陸の孤島 と 言われていました

現在は パークウエーや 湖沿いの 道路が 通っています

   奥琵琶湖 菅浦 蘇鉄
 初夏の菅浦は お花がいっぱいです

湖沿いの 道には 高さ1メートル位の石塀が 集落の端から端まで 続いています

     菅浦 蔵はしご
 この石垣の間にも しっかり お花が 覗いています

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
Comment:0  Trackback:0
2014
06.11

八塔寺 散策

Category: 風景
子供の頃の 里山の風景が今でも 残っている

この八塔寺村は 映画の「八墓村」や「蛍の墓」のロケ地にもなった

八塔寺 水田

郵便局も2年前に閉鎖になった

村の中心に 昔ながらの郵便ポストが立っている

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
06.10

同志社大学 

Category: 風景 京都
絵画グループ「くりえいと」での 今回のスケッチは京都 今出川の 同志社大学

以前 2回来た時は 春休み中で あちらこちらで 工事をしていた

普段の校庭は素晴らしい 緑がいっぱい

同志社教会 斜め

この礼拝堂は 明治19年に竣工し 日本にある プロテスタント派のレンガ造りでは現存するものでは最古です。
同志社の歴史とキリスト教精神を象徴しています

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村        
Comment:0  Trackback:0
2014
06.09

夢風ひろば

Category: 風景 奈良
奈良東大寺に入る 交差点の手前
 奈良国立博物館の北側に「夢風ひろば」と言うスペースが新しく作られた

大きな駐車場をそなえた商業施設で なかには 
吉野の本葛の店 や スィ-ツの店 手打ち蕎麦
アウトドア用品の店が並んでいる。

奈良 大仏前 駐車場


川島英伍ファミリーが営む ワッフル店「TEN、TEN、CAFE}は行の列が出来ている

ここの トイレの前には 鹿除けの 柵が 作ってあるのが いかにも奈良 らしい

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
    



Comment:0  Trackback:0
2014
06.08

新緑 まばゆい 大原の里

Category: 風景 京都
前回 大原を訪れたのは 桜が 真盛りの 頃でした

水田の準備中の人とお話したのを思い出しました
その水田にも水が張られ 稲もすくすく伸びています

大原 石垣
 
昼食に卵掛けごはんやさんに 入った

女将さんが 庭で取った笊にいっぱいの山椒の実を 掃除されていた
ちりめん山椒にするとの事

食欲をそそる 良い香り 昔ながらの日本のスパイス

早速 1キロの山椒の実を買ってきてた
小枝から実を取りはずすだけで 3時間掛かった

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村        
Comment:0  Trackback:0
2014
06.07

兵庫県公館

Category: 風景 神戸
兵庫県公館の正門前は 多くの人が 絵にしている

この日も 沢山の人が描いている

午後からは 逆光になるので 午前中に 集中するようだ

構図 日陰 を考えると ポイントに人が集中する

人が少なくなった 午後から描いてみた神戸公館 正門

正面から左に回ると 公館の西側の坂道に出る
こちらも好きな構図だが日陰がすくない

神戸公館横

この坂道を登って 交差点を過ぎると やがて相楽園に いける


宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       

Comment:2  Trackback:0
2014
06.06

早春の八塔寺

Category: 風景
JR吉永駅から 約20キロ 吉備高原の 東端 

岡山と兵庫の県境に広がる八塔寺村

1300年の歴史のある山岳仏教の地で 1974年に「ふるさと村」として
登録 整備が始められた

     八塔寺 坂道
この日は 晴天 皆さんは 日陰を求めての限られた場所でのスケッチ

私は椅子付きのカートに 日傘を装着

田んぼのあぜ道でも 広場の真ん中でも平気

バススケッチには 日よけ付きカートを愛用している

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
06.05

里山 蔵

Category: 風景 大阪
亀岡街道と 能勢街道が 交わるあたり

かつては 栄えたであろう この地も 今は 過疎の村

どの鉄道駅からも 車で1時間以上

ですから 宅地開発がされずに 里山がのこっている

       るり渓 蔵
 

かつては 大きな屋敷の蔵だったのかな 
屋敷は無く 蔵だけが残っている

このあたりの蔵の 構造が変わっている
屋根と 蔵本体の間に 空間があり 熱がつたわら無いようにになっている

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村        
Comment:0  Trackback:0
2014
06.04

吹田 浜屋敷 NO2

Category: 風景 大阪
吹田浜屋敷の 土間には 5連の竃(へっつい)-かまどーが有ります
円弧状に並んだ 焚口が 美しい。

中庭には 紫陽花 蛍袋 どくだみ なでしこ など

     浜屋敷 なでしこ
木陰の陶器の ひんやりとした 椅子に座ってスケッチです

     柏葉紫陽花
柏葉紫陽花って 花の形も 葉の形も 面白い


宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
Comment:0  Trackback:0
2014
06.03

吹田 浜屋敷

Category: 風景 大阪
阪急 京都線 相川駅と 千里山線 吹田駅の 中間に
「浜屋敷」があります

「浜屋敷」 って?

江戸時代の 庄屋屋敷で 神埼川の浜から 京都に 農作物を運ぶ 基地になっていました。

また亀岡街道 吹田街道の 交差点でもあり 当時は栄えていました


     浜屋敷 墨絵

外気は30度を 越えているのに 中に入ると 涼しい
屋根裏が 高く広いので 熱が下まで伝わらない

土間で かき氷がいただける
昔ながらの氷 昔ながらの手動の氷かき器 で 昔ながらの人たちが 作ってくれる

かき氷 ホット珈琲 アイスコーヒー 何でも150円

浜屋敷 額紫陽花
広い お庭には おはながいっぱい
紫陽花だけでも 何種類も

                 がく紫陽花
                             紫陽花

『浜屋敷」と言うより 「花屋敷」のようだ

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村     
Comment:0  Trackback:0
2014
06.02

神戸 栄光教会

Category: 風景
サークルの皆さまと神戸元町と兵庫県公館にスケッチに行きました

以前 高崎尚昭先生が 描かれた 公館と栄光教会の 作品と同じ場所から描くことにした

後日 先生の作品と比べたら 当然ながら 全く違った

     栄光教会横

私たち以外のグループもスケッチに来ていた。
先生が熱心に指導されていた

なんと高崎先生の教室だったようだ

以前 道頓堀の個展の時にお見かけした印象と随分違った

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
         にほんブログ村          
Comment:0  Trackback:0
2014
06.01

川とトンネルの駅

Category: 風景
宝塚市の西谷地区に行くには JRの福知山線 の 「武田尾」駅で下車して

バスで 行くのが 便利。

といっても1時間に 1本ですが

その「武田尾」駅は 列車5両分は トンネルの中 残り2両は川の上

        武田尾駅

改札口は 無人駅

武田尾温泉や ハイキングコースがありますが 乗降者は少なそうです

落ち葉の舞い散る 停車場に~~

トンネル駅なので 落ち葉は 舞い散いません

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。