FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
07.31

八塔寺 廃墟

Category: 風景
八塔寺は 現在も住んでいる建物もありますが 
いくつかは 人が住まず 廃屋となっています

岡山県の歴史保存地区になっていますが 倉敷程の観光客がないので
修築も難しいようです

      八塔寺 廃屋2

この建物も 2年前に行った時と 比べると 痛みが激しく 特に屋根がおちているので 
数年で 朽ちはてるでしょう

       「にほんブログ村」クリックお願いします
       にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
       にほんブログ村       
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
07.30

伊居太神社 山門

Category: 風景
阪急池田駅下車 栄町商店街を抜けて 交差点を直進します

『呉春』の酒蔵の横を通りすぎると 五月山は 目の前です。

右手に見える50段くらいの石段を 上ると伊居太神社です

池田神社 門
26日この日は 気温34度ですが 神域に入ると 涼しい

楠木 桜 もみじ 欅 などの 大木に覆われている

通り抜ける風が 心地よい

スケッチしながら 持参の お握りを 戴いた

「にほんブログ村」クリックお願いします
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村         

Comment:2  Trackback:0
2014
07.29

伊居太神社  何て読む?

Category: 風景
「伊居太神社」と書いて 「いけだじんじゃ」と読みます

現在のここの 地名は「池田」になっています

日本に機織技術を伝えたとされる織姫「穴織媛(あやはとりのひめ)」と
応神天皇と仁徳天皇を祀りしています

正式には穴織宮伊居太神社といいます

近くに呉服を伝えた「呉服神社」もあります

池田神社 本殿

現在の社殿は織田信長によって消失しましたが
1604年 豊臣秀頼により 再建されました

池田 五月山にひっそりと 残っています

「にほんブログ村」クリックお願いします
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
            

Comment:0  Trackback:0
2014
07.28

矢田寺

Category: 風景 奈良
矢田寺は 大海人皇子(おおあまのみこ)後の天武天皇が壬申の乱の戦勝祈願の為に
智通僧正に勅せられ 開基 された

後に地蔵菩薩が安置され 多くの参拝者でにぎわった
近年は 紫陽花 で知られている

DSCF4907_convert_20140725051656.jpg

矢田聖天の前から描いた
この聖天には 奥山の清水が 引いてあり 甘露な水が楽しめます

遠くで 雷の音が ごろごろ
だんだん 近づいてきます

大急ぎで下書きして 山を下りました

「にほんブログ村」クリックお願いします
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:2  Trackback:0
2014
07.27

矢田丘陵 矢田寺付近

Category: 風景 奈良
大和民俗公園から 30分歩くと 矢田寺に着きます

のこり 10分はのぼり坂と石段になります

矢田寺 塀
 紫陽花の時期は 入園料が必要で 沢山の人で巣がこの時期は 閑散としています


宜しかったら「にほんブログ村クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村            
Comment:0  Trackback:0
2014
07.26

今が旬 夏野菜

Category: 静物
教室の先生の実家で実った とうもろこし

生徒さんの 家庭菜園で 取れた夏野菜

どれも美味しそう


冬道 野菜

下に敷いた新聞紙 最初は立っていた

先生のご指導で 下に敷いている感じが出た

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村          
Comment:0  Trackback:0
2014
07.25

大和民俗公園 かまど

Category: 風景 奈良
奈良 矢田丘陵には 邪馬台国が物部氏の部族国家とすると
この地こそ 邪馬台国が有ったのではないか とも 言われている

奈良の各地から集められた 古民家
もちろん内部も 当時 そのままに 保存されている

かまど

この絵は 3原色を混ぜて 黒を造り 描いてみた

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:2  Trackback:0
2014
07.24

奈良 十津川村

Category: 風景 奈良
大和民俗園には JR大和小泉駅か 近鉄郡山駅からバスに乗って
矢田東山で下車 500メートル 歩くと 景色が変わります

大和民族園 十津川

この建物は 奈良県 吉野郡 十津川村で林業を営んできた家で 幕末には 村約を勤めていた。

山深い峡谷の地で 傾斜地にへばりつくように 建てられていた

土地が狭いので 2階部分が 広く作ってある

屋根は板葺きで 丸太で 固定されている

関西電力によって この地に移築された


宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
         にほんブログ村         
Comment:2  Trackback:0
2014
07.23

奈良 矢田丘陵を散策

Category: 風景 奈良
日本神話に登場する「虚空みつ大和」発祥の場所として語り継がれる矢田丘陵

全長14キロのうち 今回は 大和民俗公園と 矢田寺を散策した

大和民俗公園は26,6haの広大な敷地の中に江戸時代の民家が15棟再現されている

(町屋) (なら盆地) (宇陀 東山) (吉野)の4ブロックに分けて 復元されている

入場無料で 自由に見学できます
 
大和民族園 茅葺
この建物は桜井市下村に所在していた農家で 組頭を務めていた
下村は桜井から南に2キロの地点にあり 多武峰に向う街道にありました

色々な 形の茅葺が 緑いっぱい 芝生の広場の 中に建っています

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
Comment:0  Trackback:0
2014
07.22

ランプ と 野菜

Category: 静物
グループ「くりえいと」の皆さまとの 始めての 静物スケッチ

阿倍野ベルタで 1時から5時まで一部屋 お借りして 

野菜 果物 花 骨董品 と テーマも豊富

 クリエイト ランプ
 メンバーの方が海外旅行に行って 買ってきた ランプ と蛇腹カメラ

コレに お人形と ワイングラスがセットになっていたが 難しいので 

  クリエイト 野菜

裏側からえがいたので へんな構図になってしまった

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村      
Comment:0  Trackback:0
2014
07.21

吹田浜屋敷

Category: 風景
浜屋敷に来ると まるで時間が止まったかのよう

 のんびり ゆったり

ご近所のお年寄りの方たちが ボランテアで 説明したり かき氷をつくったりーー

 浜屋敷 ソリッド

この日は40人位のグループが見学にこられて 大忙し

150円の 珈琲 ジュース かき氷が 大繁盛


宜しかったら「にほんブログ村クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
Comment:0  Trackback:0
2014
07.20

湯浅 出発まで あと10分

Category: 風景
湯浅スケッチ 帰りのバスの出発時間 3時まで 残り10分

お手洗いをお借りした 「憩いの家」の 裏手に回ってみた

古いお寺の土塀を発見

湯浅 土塀
とりあえず 写真を撮ってきた

写真だと遠くの物が より小さくなってしまう

遠近感が出すぎてしまう

最初に見つけていれば じっくり現地で描きたかった土塀だ


宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:2  Trackback:0
2014
07.19

目的は かき氷 浜屋敷

Category: 風景 大阪
曇りの 天気予報だったのに 当日は快晴 34度

目的が かき氷だったので ちょうど 良かったかも

浜屋敷 朝顔
 
午後から 浜屋敷の部屋を 借り切って オカリナの グループが練習を始めた

たぶん 女性トリオの「春すみれ」ではないかな

コンドルは飛んでいく お祭りマンボ オーシャンゼリーゼ など テンポ良く奏でてくれる

最後に「かき氷 イチゴ」 を 戴いた。 150円なり

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
07.18

大混雑 湯浅

Category: 風景
バス一台40人で行った湯浅スケッチ

台風8号の影響で 雨 

この金山寺味噌の 前の軒先には 8人が座り込み 大混雑

湯浅 ポスト
 写真を撮って 帰ってから 描いたがーー


宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
07.17

慶沢園の 巨大池

Category: 風景 大阪
四天王寺でスケッチを 終えて 13時に 茶臼山画廊に着いた
 が 友人はすでに 芳名帳に名前を残して帰っていた

天王寺美術館で 現代水彩画展をしているのでみにいった。
知人 2人が特別賞を 受賞していた

その後 慶沢園に行ってみた
その池に すっぽり アベノハルカス が 入っていた

慶沢園 ビル

60階 300メートルを 飲み込んでいた
ハルカス全てが写り込むのは このポイントのみかな
探してみてください

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
         にほんブログ村       
Comment:0  Trackback:0
2014
07.16

四天王寺 

Category: 風景 大阪
友人が 「知人の白日会の人たちが 茶臼山画廊で 水彩画のグループ展をしている」と教えてくれた

友人は 午後から行くというので それまでの間 四天王寺で スケッチをした

お寺の 休憩所で カレーライスを食べながらの スケッチ

エアーコンが効いていて ゆっくり座れて テーブル付

四天王寺
雨上がりの 緑が 新鮮

構図は ドア越しなので 限定



宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
         にほんブログ村          
Comment:0  Trackback:0
2014
07.15

菅浦 遊歩道

Category: 風景
奥琵琶湖 菅浦の バス停から 村の 端まで ゆっくり歩いても15分

そこで村は終わってしまう

そこからは湖畔沿いの遊歩道が続いている

右手に琵琶湖 左は緑の深い山

菅浦 廃屋

かつては 別荘と思われる 廃墟

遊歩道は更に続いている

水鳥が 湖面を 滑っている


宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村      
Comment:0  Trackback:0
2014
07.14

台風8号直前 湯浅

Category: 風景
紀州半島は 台風の通り道

その湯浅でのスケッチ 
風は無く雨もさほどではない

だが 広川の河口には多くの漁船が係留されていた

湯浅の 港

橋の上から スケッチ 車が通るので パラソルが立てられない

傘を差してのスケッチになった

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
Comment:2  Trackback:0
2014
07.13

湯浅 台風8号が目の前

Category: 風景
湯浅に行ったのが9日

台風直前だというのに 出発地大阪は快晴

それが和歌山に近づくにつれ 天候が怪しくなってきた

到着した頃には降ってきた

湯浅の 保存地区は 狭い

40人が雨をしのいでスケッチできるポイントに集中した

湯浅 三叉路
私は椅子付きカートにビーチパラソルを結びつけてスケッチ

台風前でも風がなっかのが幸いでした

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村     
      
Comment:0  Trackback:0
2014
07.12

醤油のまち 湯浅

Category: 風景
湯浅の醤油の歴史は 室町時代から750年続いている

特に江戸時代紀州藩の保護を受けて 湯浅の中心産業として発展した

文化文政時代には 92軒の 造醸所があったと 伝わっています

湯浅 金山寺味噌

お醤油の街で味噌?

お醤油を作る材料は 大豆 麹 水 塩

金山寺味噌は 副産物です

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
         にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
         にほんブログ村       
Comment:0  Trackback:0
2014
07.11

浜屋敷 吹田

Category: 風景 神戸
海岸のそばでもないのに 浜屋敷

かつて この地から 神崎川の上流 安威川から淀川を使って 京都に お米を運んでいた

その庄屋さんの家を 再建したようだ
   浜屋敷 花
 
米蔵を今は 作品展示や コンサートに使われている

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村          
Comment:2  Trackback:0
2014
07.10

山之辺の道 その5 額田王 歌碑

Category: 風景 奈良
「茜さす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」 額田王(ぬかたのおおきみ)

天武天皇の妃で 絶世の美女であったというのは 
井上靖 永井路子 黒岩重吾などの小説でも 通説となっている

その歌碑がこの地にある

以前は背丈以上の雑草が 生えていたが ボランテァの人たちによって 今は芋畑や蕎麦の畑になっている
一本だけ残された木の陰でスケッチしていると 蕎麦畑を手入れしていたおじさんが 休憩に来て
色々なお話をしてくれた

     山之辺の道 石標

遠くに三輪山が見える

今回の山之辺の道の最終目的地

ここからJR桜井線 まきむく 駅まで 下り坂を約1キロ
奈良行きの16時台は 35分発のみ 急が無くてはーーー

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
Comment:0  Trackback:0
2014
07.09

山之辺の道 その4 念仏寺 あたり

Category: 風景 奈良
大阪湾から 大和川をさかのぼった 桜井に 百済王が仏教を伝えたと日本書記に記されている

仏教によって 日本が統一されていった らしい

大和朝廷と奈良を結んだのが 山之辺の道であった らしい

     山之辺の道 水田

スケッチに最適の木陰を見つけて 一休み

プラムと 干し柿を食べながら

このあたりで天理から 10キロ 
嵩神天皇 景行天皇の陵も まもなくだ

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       
Comment:0  Trackback:0
2014
07.08

山之辺の道 その3 菅生環濠集落 その2

Category: 風景 奈良
山之辺の道のスケッチ ハイキング

南北朝の戦国時代 野盗ガ多く
 自衛のために 集落の周りに 溝や堀を作り
 その土で 土塁を積み上げた 集落がいくつもあります
竹之内環濠集落 菅生環濠集落 などなど
その 後が 1000年残っています

山之辺の道 水郷

この地は 古墳で掘られた 堀をりようして環濠集落を作っています
今は 古墳がみかん畑になっていました

このあたりで 天理駅から 5.5キロ 石上神宮から 3キロです
予定では 後 6キロ 歩いて 2枚 スケッチ 出来るかな~
 
宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村       

Comment:0  Trackback:0
2014
07.07

山之辺の道 その2 菅生環濠集落

Category: 風景 奈良
石上神宮の境内を抜けると 山之辺の道 南ルートの始まり

国道25号線の 高架の手前に かわいい 無人露店があります

干し柿 4個 100円 梅干 100円 山椒の実の佃煮200円
袋の口が レースの紐で 縛ってあり 店主の 優しさが 伝わります
私は干し柿 と梅干を 買った

永久寺跡 夜都伎神社を過ぎたあたりに 「せんぎりや」と言う 無人休憩所があります

アイスやジュース 缶ビール 千きり大根が冷蔵庫に入っている
代金を自分で  料金箱に入れて 買うことが出来ます
冷えた麦茶も 扇風機も 利用できます
私は 冷えたプラム 8個入り100円を買いました

このあたりで 石上神宮から 2キロです。割と平坦な道が続きます
山辺の道 交差

間違いそうな 三叉路 四差路には 道しるべがあるので 安心です

昼食は 手造り握り飯 と冷えたプラム 干し柿を スケッチしながら 戴いた

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村        
Comment:0  Trackback:0
2014
07.06

シャントゥ-ズ達の小さな発表会

Category: 風景
昨日 『シャントゥーズたちの小さな発表会」に行ってきました

会場は「楊林寺」と言う 禅宗の お寺の本堂です

しゃんとーず1
別府葉子さん 谷口桂子さんの 生徒さんのシャンソンの 発表会です

本堂に グランドピアノや音響設備 譜面台 などなど

開演の時間が近づくと満員の盛況で 椅子席を きゅうきょ 増やすほどでした

OPNINGは別府さん 谷口さんによる オーシャンゼリーゼ
生徒さんは 最初は緊張していましたが じょじょに 声も伸びてきて 気持ちよさそうに歌われました

伴奏ピアノは 植田裕司さん

しゃんとーず2
最後に別府さん 谷口さんが各2曲
大満足のコンサートでした

開演まで近くのアイアイパークで 時間待ちの一枚
   7-6 アイアイパーク

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村      

Comment:0  Trackback:0
2014
07.05

山之辺の道 石上神宮

Category: 風景 奈良
大阪から天理まで 行くルートは二つあります
近鉄と JR

近鉄だと大阪ー難波ー西大寺ーひらはたー天理の乗り換えになりますが
JRの大和路快速だと 奈良での 乗換えだけでいけます

大和路快速 大阪発8時42分発 天理着 9時54分

天理のバス停に行って 石上神宮行きの時間を聞いたら 12時過ぎまで無いーーと。え~~~

グループなら タクシーに乗るのがいいかも。
ひとりの私は2キロを歩きます
半分は 商店街 残りは 天理教 の 大きな建物 の間を縫って

程なく石上神宮(いそのかみじんぐう)の森が見えてくる
森に入ると ひんやりと 霊気 ガ漂います

日本最古の神社のひとつで 物部氏の総氏神として古代信仰の中心でした

     石上神社
この神社には鶏が放し飼いにされている
20羽はいるかな
   石上神社 鶏
見上げると大きなにわとりがーー
  石上神社 鶏.j二見える?

私には銀杏の大木が 鶏に見えました。目の形が ハートのーー

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
       にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
       にほんブログ村         

Comment:0  Trackback:0
2014
07.04

久安寺 紫陽花 その2

Category: 風景 大阪
花の寺 久安寺の紫陽花 は 種類も多く 色も 赤 青 紫

入山料 300円払うと 更に多くの 花が見られる がーー

この日は 払わずに 手前でのスケッチ

   久安寺 山門前

石垣や 白壁の塀に 紫陽花

其れに もみじの 大木の下なので 涼しく スケッチには 最適

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
         にほんブログ村              
Comment:0  Trackback:0
2014
07.03

花の寺 久安寺

Category: 風景
阪急 宝塚線 池田駅から バスで 15分

関西花の寺の第12番札所 久安寺

この時期は 紫陽花 しょうぶ 沙羅 睡蓮が咲き誇ります

他のじきは 紅葉 ボタン 石楠花 桜 などが楽しめます

   久安寺 受付
この日 屋外スケッチの 予定が 雨予報のため 室内に変更になった

だが 降りそうに無い 午後から出かけて スケッチを楽しんだ

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
        にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
        にほんブログ村         
Comment:0  Trackback:0
2014
07.02

無料バススケッチ その3 八坂神社

Category: 風景 京都
京都で一番にぎわう 四条河原町の交差点から四条通りを東に進むと八坂神社の赤い楼門が見えてきます

八坂神社は 明治以前は 祇園感神院と呼ばれ お寺と神社がありました

まもなく 始まる祇園祭り(祇園御霊会)で スッカリ有名になった神社です

この時期のスケッチは 日陰を 見つけるのが 大変。

描きたいアングルをあきらめることも多いのです

   八坂神社

梅雨の時期なのに午後から かんかん照り 

日陰で人のいない所を探して 描いてみた

宜しかったら「にほんブログ村」クリックお願いします
     にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。